タミフルの安全な使い方

インフルエンザにかかってしまった時に、人々はすぐにタミフルを服用して治療をしたくなります。そしてそれは当然のことであり、無理のない話です。何故ならインフルエンザの高熱というのは、風邪の時の発熱とは比べ物にならない位、辛く苦しいものだからです。
しかしタミフルを服用することによって異常行動を起こしてしまうことがあるという報道がされてからは、タミフルイコール安全なインフルエンザ治療薬なのだと、認識出来ない人が多くなってしまいました。しかし服用しないことには症状は楽になりませんので、やはり服用出来る状況にある人は服用した方が良いと言えるのです。そしてどうしても心配ならば、タミフルの安全な使い方について知っておけば良いのです。
タミフル 効果としてはインフルエンザ感染後の48時間以内に服用すると最も効果が発揮されます。
最も理想的なのは、家の中にインフルエンザ患者以外の家族がいる状態の時にタミフルを服用することです。そして服用後は自室に一人になるのではなくて、他の健康な家族のいる部屋で安静にするようにします。そうすることによって家族が患者を見守ることが出来ますので、異常行動を万が一起こしてしまったとしても大事になる可能性は低く、極めて安全なのです。しかしこの方法にはデメリットもあります。それは常にインフルエンザ患者のそばに健康な他の家族がいて見張っていないといけませんので、健康な家族までもがインフルエンザになってしまう可能性があるというデメリットです。しかしどうしてもタミフルを服用した患者を一人にするのが心配だと思うのであれば、頑張って患者を見張っているしかありません。なのでしっかりと家の中でもマスクをする等して、自分で出来る予防をしていくことが大切になってくるのです。もちろん手洗いもしっかりしましょう。

▼タミフルを含むインフルエンザ治療薬は通販で購入しましょう
インフルエンザの薬を用意しておこう

トップページへ