東京都電機健康保険組合と湿度調節とタミフル利用

東京都電機健康保険組合では部屋の湿度調整がインフルエンザ予防に重要であると考えれれ、加湿器の使用が推奨さています。部屋の空気については空気清浄機を利用する方が多いのですが、空気清浄機によっては湿度を下げてしまうタイプが多いようです。そのため、加湿機能がない空気清浄機を利用する際は加湿器を併用して室内の湿度をしっかり保つことが大事です。東京都電機健康保険組合で推奨する湿度は60%程度であり、湿度が20%を下回るとウイルスの飛散が多くなり、感染しやすくなると考えられています。東京都電機健康保険組合では加湿器の利用、できれば空気清浄機との絵併用で室内の環境を整えておくことが推奨されます。インフルエンザの予防には室内の空気も大事ですが、予防接種も大事です。予防接種は統計的に流行しやすいウイルスの型から造られることが多く、予防接種をすれば多くのインフルエンザを防ぐことが可能です。しかし、予防接種はあくまでも統計的に多いと予想された型に向けて作られます。ウイルスの型はとても多く、変質もし易い事から予防接種をしても感染してしまう方はとても多いです。また、A型が最初に流行しやすいのですが、A型に感染し、続けてB型にも感染するという型も多く、予防接種以外にもう1つ対策を取るというかたもふえています。対策としては周りにインフルエンザ患者が出たらタミフルを飲むという対策が取られ始めています。タミフルはウイルスの増殖を防ぐ薬であり、医師の処方が必要ですが、個人輸入できるので予防薬としてタミフルを購入して利用する方も多いです。また、家族にインフルエンザ感染がある場合に医師の判断で予防的にタミフルが処方されることも多いです

トップページへ