接触感染予防は感染3日が重要なタミフルの効果

接触感染予防とはインフルエンザウイルスを体内に入れないための方法です。接触感染予防ではうがいや手洗いを徹底し、インフルエンザウイルスの感染者に直接触れないことが求められますが、触れてしまう場合には手洗いをしっかりすることで対応できると考えられています。接触感染予防では普段の努力が大事ですが、特に風邪のような症状が出ている方が側にいる場合には要注意です。インフルエンザウイルスは感染後潜伏期間が3日ほどあると言われています。3日のうちは感染力がないかといえばそうでもなく、3日以内でもどんどんインフルエンザウイルスをばらまいていると考えておくべきです。そのためインフルエンザが流行している場合には特に接触感染予防が大事です。感染予防にはこの他にインフルエンザウイルスの予防接種も有効です。予防接種は防ぐということではなく、抗体を作っておいて感染してもすぐに対応できる体を作る方法ですが、インフルエンザウイルスの予防接種はすべてのインフルエンザウイルスの型に対応しているわけではないので型がはずれれば普通に感染します。そのため、さらに予防的にタミフルを飲む方も多いです。タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を抑える効果がある薬ですが、日本では医師の処方がないともらえません。ただし、流行期の場合、家族にインフルエンザ感染者がいれば予防的にタミフルが家族に処方されることもあります。また、タミフルは個人輸入が可能です。海外からの個人輸入が自分での利用では問題ありませんが、自己責任となります。タミフルを予防薬として利用する際には飲んだあとに観察が大事です。副作用として悪夢を見たり暴れたりと不審な行動をする可能性が特に未成年に発生する可能性があるからです

トップページへ