タミフルの特徴とインフルエンザの発生状況への対応

タミフルは、インフルエンザウィルスの抑制並びに予防に効果を発揮する薬になります。
タミフルの薬剤としての特徴は、インフルエンザウィルスの増殖をもたらす酵素に直接働きかけることが挙げられます。インフルエンザの発生状況は、予兆としての体調不良が数日続き、そのあとに発熱などを伴う辛い症状が続きます。抵抗力の備わった人であれば、一週間以内には改善に向かいますが、高齢者や子供をはじめとする抵抗力が十分でない層になりますと、回復が鈍く、呼吸器系をはじめとする他の疾患を引き起こしてしまう可能性もあります。この長期化するインフルエンザの潜伏を、前もって遮断し、インフルエンザに罹ったとしても、これ以上の広がりを食い止める働きが、タミフルにはあります。
インフルエンザが蔓延するときの特徴としては、冬場などの乾燥した空気が媒体となってウイルスの広がりをみせることが挙げられます。たとえ室内を浄化したとしても、外から持ち込まれることもありますので、換気と清浄が大切になります。あわせて、日頃から体の抵抗力を身に付けておくための生活習慣も大切になります。適度な運動やバランスの取れた食生活、体を冷やさない為の入浴、そして疲れを持ち越すことのなう睡眠などが中心になります。
タミフルは、ウィルスに対して直接働きかけるという効果の高さが特徴ではありますが、薬に頼りすぎないことも体をいたわるために必要なことになります。インフルエンザの発生状況からしても、その予兆や周囲の状況などから予測することも出来ますので、予防措置という形で、必要最小限の使用にとどめることもできます。その一方で、インフルエンザの発生状況に惑わされないことも大切になります。

トップページへ