タミフルのインフルエンザ発症前や潜伏期間中の服用

インフルエンザに効果的な医薬品の一つに「タミフル」があります。インフルエンザは、感染力が強く身近に発症した人がいる場合では、感染を避けることは難しいと言えます。
インフルエンザに備えて、ワクチンを接種していても必ずしも感染しないというわけではありませんので注意が必要です。
インフルエンザを発症した場合、48時間以内にタミフルを服用することにより、早期の回復を見込むことが出来ます。ただし、症状が良くなっても、数日間はインフルエンザウイルスが体外へ排出されていますので、注意が必要です。インフルエンザは、感染したからと言ってすぐに発症するわけではありません。2日程度の潜伏期間があり、その後様々な症状があらわれます。タミフルは、症状があらわれる前、潜伏期間に服用することによりインフルエンザの発症を抑えることが出来ると言われています。ある調査によると、予防としてタミフルを服用した場合の感染率は1%程度であったという結果も出ています。ただし、症状があらわれていない潜伏期間にタミフルを服用しようとした場合、保険の適用外となる可能性があります。つまり、治療費を全額自己負担する可能性が出てくるということです。そのようなデメリットもあるということも理解した上で、医師に相談するようにしましょう。
なお、インフルエンザの予防としてタミフルを服用した場合、効果を得ることが出来るのでタミフルを服用している期間だけですので、注意が必要です。周りにインフルエンザを発症している人がいないという状況の中で、服用しても意味が無い可能性があります。
日頃から手洗いやうがいなどの予防を積極的に行うようにすることをおすすめします。

トップページへ