インフルエンザ感染を防ぐ部屋の空気の換気とタミフル

インフルエンザの感染で注意しなければならないのは、空気中に蔓延するウイルスを吸い込んでしまうケースです。これはウイルスへ感染した方のくしゃみや咳により、空中にウイルスが放出されてしまう事が原因とされています。そのため、インフルエンザが流行している時期の満員電車や換気されていない室内など、不特定多数が利用する施設などでは、感染の確率が飛躍的に向上してしまいます。
室内でのインフルエンザの感染を予防する為には、部屋の空気の入れ替えが重要で、場合によっては、空気清浄機や加湿器などを用いてウイルスの生存し難い環境を作り出す事が大切です。湿度と気温が低く、換気がされていない部屋は、ウイルスが長い時間にわたり生存する事が出来るという点を把握しておき、ウイルスが流行している時期には空気感染を予防する事が大切です。
また、インフルエンザの治し方としては、一般的な風邪の治し方とは異なり、専用の医薬品などを活用する事も効果的です。インフルエンザに感染し熱が出ている場合には、抗インフルエンザ薬であるタミフルが有効に作用します。また、場合によっては、タミフル単体では上手く熱が下がらないケースも見られます。この場合には、鎮痛作用のある解熱剤なども併用することで、インフルエンザの効果的な治し方となる事が知られています。
しかし、注意が必要なのは、あまりにも解熱作用の強い鎮痛剤は、タミフルとの併用が禁止されており、予め併用が可能である薬剤かどうかを確認し、安全性に配慮して服用することが大事です。
タミフルにはウイルスの繁殖を弱める働きがありますが、熱を下げる作用はないため、解熱剤を併用して症状を緩和する事も大切なのです。

トップページへ